テレビドラマとして3ndシーズン放送された、山P主演の大人気の「コードブルー」大好評のうちにドラマは終わってしまいましたが、2018年7月には映画化が決定されましたよね。

映画ではドラマと違い大迫力の緊迫する事故を中心に主メンバーたちが大活躍するみたいですよ。

映画を見に行く前に、1ndシーズンから見直してじっくり内容を思い出してみませんか?

 

そこで今回は…

・コードブルーの2ndシーズンの8話をどうしても家でまったり見たい…でもそんな方法はあるの!?

・コードブルーの2ndシーズンの8話の無料視聴方法ってあるの!?

・コードブルーのあらすじやキャストを知りたい!!

と思っている方のために、『コードブルー動画2ndシーズンの8話『理由』のあらすじや無料視聴方法を解説』について詳しくご紹介していきたいと思います!

pandoraと言う違法サイトがありますが、画質も悪くあやしい広告に誘導されると危険なので、べつのおすすめの方法をご紹介していきます。

コードブルー動画2シーズン8話「理由」pandora以外で無料視聴できるサイト

▼動画を無料で見れる方法はこれしかない▼

コードブルー動画シーズン2-8話は「TSUTAYAディスカス」という、TSUTAYAが最近開始したサービスを活用する事で見る事で無料で視聴ができてしまいます。

「TSUTAYAディスカス」では、DVD借り放題なので、コードブルー動画1シーズン1話などの好きな動画を無料視聴できます。

 

そして、『TSUTAYAディスカス』は、30日間無料の限定サービスを実施中なので、通常では月額2,417円(税抜)必要なサービスが無料で利用できます。

つまり、ドラマ「コードブルー動画1シーズン」の動画が無料で見れちゃうってことです!

 

実際に私も無料期間中に登録して、30日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした!

ただ、30日間の無料キャンペーンがいつ終わってしまうのかは私にもわかりません。この機会に無料登録して利用して見る事がオススメです。

 

ちなみに無料登録はたった2分程度で簡単にできました!興味がある方は、下記の公式ページをチェックしてお申込みしてみてください。

この方法なら、シーズン1・シーズン3なども無料で見れます。

 

 

「コードブルー」2ndシーズン前回7話のおさらい

藍沢がずっと気にかけていた、知りたいようで知りたくなかった母の死の真相があきらかになりました。

藍沢は父の誠次(リリー・フランキー)と会い、母の死への経緯を聞く。そんな誠次に、藍沢は再会しない方が良かったと・・・

かつて研究者として活躍していた藍沢の母でしたが、出産を引き換えに、命を失ってしまったのでした。
藍沢にとっては知りたくない真相・・・でした。

それなのに、父の誠次(リリー・フランキー)は子どもが生まれれば、仕事に輝く女性である母を取り戻せると思ったと藍沢自身に激白、藍沢はいたたまれない気持ちになります。

傷心であるのは、藍沢だけではありませんでした。

緋山が脳死と判断した患者がその後、心停止で亡くなり、母親に同意書を取っていなかったため、死亡した子供の叔父に人殺しだと詰め寄られてしまいます。

母親と信頼関係を築けていると信じていた緋山は、患者の家族に対して不信感を持つようになってしまいました。

2ndシーズンあらすじ第8話 「理由」

 

夏祭りでの事故が原因で大けがを負った一家が搬送されてきました。

父の達夫、祖父の重蔵、娘の結菜そして母の清美も負傷しています。比較的軽傷であったのは、娘の結菜と母の清美でしたが、しばらくして達夫と重蔵が急変、緊急オペが必要になりました。

突然のことに動揺し、手術の同意書にサインできないでいる清美。しかし白石との会話の中で、彼女たちフライトドクターの仕事に対する想いに胸打たれ、家族の命を託す決意をします。

藍沢耕作(山下智久)は、白石恵(新垣結衣)に父の誠次(リリー・フランキー)と会い、
母の死の真相を聞いたことを話す。

その白石は、父、博文(中原丈雄)を見舞うため休暇をとり、実家へ帰ろうとしていた。

一方、緋山美帆子(戸田恵梨香)の医療過誤を訴える野上明彦(松田賢二)、直美(吉田羊)兄妹は、弁護士を立て、正式に病院への説明申し入れを行ってくる。

藤川一男(浅利陽介)と冴島はるか(比嘉愛未)は、一月も前に亡くなった娘の姿を求めて、毎日、病院を訪ね来る母親、時田早苗(水木薫)への対応に苦労していた。

コードブルー動画2ndシーズン8話「理由」の見どころは、!!

ドクターヘリ要請

アナフィラキシーショック(アレルギー反応による重篤な症状)と思われる高校生の救命搬送の依頼がきました。ところが、同じ症状の高校生が次々に発生。多くの患者が病院に運ばれてきます。

アナフィラキシーショックの集団発生は、サッカーの試合後に出された弁当が原因だと判明。事態は沈静化に向います。

緋山の苦悩

緋山は、橘啓輔(椎名桔平)、田所良昭(児玉清)らと、明彦、直美、彼らの弁護士、羽田(島津健太郎)
への説明に入った。

羽田の鋭い追及に、緋山は自分の行為を受け入れて謝るばかり。そんな緋山に、橘が本当の気持ちはどうなのかと促す。

田所も緋山に、謝罪しなければならないようなことをしたのかと諭す。緋山は直美の息子に何の治療も出来なかった無力さを話しだす。そして、直美の最後の願いをかなえるため、息子の呼吸器を外して抱かせてやったと話した。

また、DNRオーダーを取らなかったのは、家族を死なせる書類にサインなどさせることができず、家族の悲しみに寄り添いたかったと思いのたけを吐き出します。

緋山は、患者を相手にするのが怖くなったと泣き崩れます。どんな小さなことでも同意を得ていないというのは致命的なものがあります・・

白石の父

白石は父の博文に電話。今まで反抗してきたことや、病気に気づかなかったことを謝罪する。すると、博文は自分や家族を後回しにするのは、白石が医者だからだと答える。

そんな父の優しさに涙する白石は、帰れなくなったと告げます。白石は博文に一日でも長く生きて欲しいと約束して電話を切るのでした。

藍沢の祖母

藍沢の祖母、絹江(島かおり)が退院することになった。ロビーに見送りに来た藍沢は、誠次から全てを聞いたと絹江に話します。

そして、藍沢は不幸な事実を全て飲み込んで自分を育ててくれたことを絹江へ感謝気持ちを伝えます。

親の心子知らずということわざの通り、親がやっていることは子供の心には伝わらないことが多いです。

しかし、子供はやはりかわいい生き物です。親になったときに初めて親の気持ちにきがつくものです

 

田所良昭(児玉清)先生

部長室で倒れてしまいます。

コードブルー動画2ndシーズン8話の感想

藍沢の祖母がやっと退院しました。しかし藍沢先生は自分の出生の真相をしり、また会いたくなかった父親とも再会を果たしました。

複雑な話でしたが、今あるこの何にも動じない芯の強さは、親と暮らすことができなかった、藍沢先生の強い心がそうさせていると感じました。

また白石も厳しい父親の病気のことや弱い一面を見てしまい、今までのことを詫びるのですが、家族の絆というものは、いろいろとぎくしゃくしていたとしてもやはり切るに切れない絆で結ばれていると思いました。

緋山先生は、今回裁判という苦しい場面に追い込まれ、とっても苦しい状況となっていますが、藍沢先生や白石先生や藤川先生との仲間の力で何とかなっていくのでないか、と感じています。

毎回ドクターヘリは出動し、多くの人の命を助けることをしていますが、今回は医師とその周辺で起きている人とのかかわりが描かれており、考えさせられることもありました。

コードブルー動画2ndシーズン8話のまとめいかがでしたか?

2ndシーズン8話いよいよし藍沢先生の祖母がやっと退院し、認知症状が出ていたのですが、落ち着いている様子で退院したので安心しましたよね。

また白石先生が、父親へ詫びるシーンなど、和解していく家族の模様が描かれている回となりました。

また緋山先生の裁判もどうなるのか、田所先生が倒れてしまったことなど、次回がまたまた気になってしまうことが多く、テレビの前から離れることができないですよね。

今回は『コードブルー動画2ndシーズン8話『理由』のあらすじに無料視聴方法を解説』について詳しくご紹介していきました!

ぜひ、みてください